事業活動「開け!科学の扉」シリーズ

図書の寄贈活動のご紹介

公益財団法人東京応化科学技術振興財団では、「科学教育の普及・啓発助成」事業の一環として、子どもたちにより多くの良い本との出会いの機会が生まれ、 少しでも多くの日本の将来を担う理科好きの子どもたちが育ってくれるように、当財団がおすすめする下記の推薦図書セッ トを寄贈する活動を行っています。

「開け!科学の扉」シリーズ

「開け!科学の扉」(学研プラス)シリーズは、「ヤングサイエンス選書」シリーズと同様に、より多くの団体を紹介するために立ち上げました。著者との契約に基づき、財団より神奈川県下のすべての小中高校ならびに、当財団に登録されている科学技術の普及・啓発活動を行っている方々などへ無償で配布しています。

  • イベントで育つ科学の心

    藤嶋昭/監修川崎北部少年少女発明クラブ・神奈川県青少年センター・かわさきサイエンスチャレンジ運営委員/著学研プラス/出版社

    ISBN 978-4-05-406438-6

    子どもたちに科学の楽しさを体験してもらうために様々な科学イベントが行われています。このうち全国規模で行われている「青少年のための科学の祭典」と「科学の甲子園」を紹介。また、子どもたちへ科学教育の普及・啓発活動を行っている3団体の活動内容を紹介しています。

  • ワクワクドキドキ 科学がはじまる

    ワクワクドキドキ 科学がはじまる

    藤嶋昭/監修北海道オホーツク流氷センター・上田地域広域連合・日本宇宙少年団日立シビックセンター分団・金沢子ども科学財団/著学研プラス/出版社

    ISBN 978-4-05-406483-6

    全国規模の科学イベント「日本生物学オリンピック」を特集し、国内コンテストで受賞した代表による「国際生物オリンピック」へのチャレンジを紹介します。また、子どもたちへ科学教育の普及・啓発活動を行っている4団体の活動内容を紹介しています。

  • 小さな発見 大きな感動 「出張型サイエンスイベント」特集

    小さな発見 大きな感動 「出張型サイエンスイベント」特集

    東京応化科学技術振興財団(編集委員長 岩科季治)/編 藤嶋昭/監修やまがた「科学の花咲く」プロジェクト・アニメ理科実験教室・ディレクトフォース理科実験グループ/著学研プラス/出版社

    ISBN ISBN978-4-05-406545-1

    全国規模の科学イベント特集に、世界初のインターネット上の科学館「トライサイエンス」のプログラムを活用した「日本IBMトライサイエンス実験教室」の活動を紹介します。また、子どもたちへ科学教育の普及・啓発活動を行っている3団体の活動内容を紹介します。
    第1章やまがた「科学のアニ花咲く」プロジェクト サイエンスカーで東北を駆け巡る
    第2章アニメ理科実験教室 アニメを通して最新科学をとどける! 空気マグネシウム電池を使った「希望の水ライト」
    第3章ディレクトフォース理科実験グループ 豊かな経験と知識で科学の楽しさを伝えていく

  • 指導者が学ぶ プログラムづくり

    指導者が学ぶ プログラムづくり

    東京応化科学技術振興財団(編集委員長 岩科季治)/編 藤嶋 昭/監修公益財団法人日本科学技術振興財団・公益財団法人ふくしま科学振興協会・しまね自然と環境財団/著学研プラス/出版社

    ISBN ISBN978-4-05-406592-5

    全国規模の科学イベント特集に、「広がる科学イベントの輪」と題し「科学グランプリ」と「国際化学オリンピック」を取り上げて活動を紹介します。
    また、科学教育の普及・啓発活動を行っている団体からは理科実験が苦手な先生たちにも科学の楽しさを知ってもらい子どもたちと共に楽しめる授業づくりのヒントを提供する活動について紹介します。
    第1章(公財)日本科学技術振興財団による「ベテラン教師が伝える実践的理科実験の極意」
    第2章(公財)ふくしま科学振興協会による「科学館で学ぶ子どもが喜ぶ授業作り」
    第3章(公財)しまね自然と環境財団による「自然科学の楽しさを伝えて学校教育を支援」

  • 幼児のための科学プログラム

    幼児のための科学プログラム

    東京応化科学技術振興財団(編集委員長 岩科季治)/編 藤嶋 昭/監修晃華学園マリアの園幼稚園・月僧秀弥・サイエンスぽけっと/著学研プラス/出版社

    ISBN ISBN978-4-05-406632-8

    第5巻ではまず公益社団法人発明協会が青少年に発明くふうの楽しさや創作の喜びを知ってもらう目的で開催している「全日本学生児童発明くふう展」と「未来の科学の夢絵画展」を取り上げて活動を紹介します。
    また、科学教育の普及・啓発活動を行っている団体からは日々幼児のための科学プログラムを模索・検証している方々の活動について紹介します。
    第1章 晃華学園マリアの園幼稚園による「幼児期に科学の芽を育むプロジェクト」
    第2章 月僧秀弥先生による「幼児向けサイエンスプログラムの開発と実践」
    第3章 サイエンスぽけっとによる「科学絵本の読み聞かせと科学あそび」