事業活動「新しい科学の世界へ」シリーズ

図書の寄贈活動のご紹介

公益財団法人東京応化科学技術振興財団では、「科学教育の普及・啓発助成」事業の一環として、子どもたちにより多くの良い本との出会いの機会が生まれ、 少しでも多くの日本の将来を担う理科好きの子どもたちが育ってくれるように、当財団がおすすめする下記の推薦図書セッ トを寄贈する活動を行っています。

「新しい科学の世界へ」シリーズ

「新しい科学の世界へ」(学研プラス)シリーズは、当財団が科学教育の普及・啓発活動支援を行っている「かわさき市民アカデミー」の市民向け生涯学習活動の講座のなかから、特に科学に関連する貴重な講演内容を青少年向けに判りやすく編集することで一人でも多くの若者が科学に目覚め、興味をもってもらうことを目的に編集を行っています。また、本シリーズは「ヤングサイエンス選書」(東京書籍)や「開け!科学の扉」(学研プラス)同様、著者との契約に基づき、神奈川県下のすべての小中高校ならびに当財団に登録されている科学技術の普及・啓発活動を行っている方々や被災地などへ無償で配布しています。

  • 「宇宙のな図に迫る

    「新しい科学の世界へ」シリーズ(第1巻)「宇宙の謎に迫る」

    かわさき市民アカデミーの市民大学講座より/Chapter1 オーロラから知る宇宙の環境 講師:福西 浩(東北大学名誉教授)、Chapter2 「はやぶさ2」の挑戦とこれまでの成果 講師:吉川 真(JAXA「はやぶさ2」ミッションマネージャ)、Chapter3 人類が初めて目にした巨大ブラックホール 講師:本間希樹(国立天文台教授、水沢 VLBI 観測所長)/著かわさき市民アカデミー学長 太田猛彦(東京大学名誉教授)、東京応化科学技術振興財団理事長 藤嶋 昭(東京理科大学栄誉教授)/特別監修 岩科季治(東京応化科学技術振興財団)/編集委員長 株式会社学研プラス/出版社

    ISBN ISBN978-4-05-406777-6

    第1巻では「宇宙の謎に迫る」と題し、Chapter1 では「オーロラから知る宇宙の環境」、Chapter2 では『「はやぶさ2」の挑戦とこれまでの成果』、Chapter3 では「人類が初めて目にした巨大ブラックホール」の各講座から講師の先生方にご協力を頂き最先端の惑星科学の話題を取り上げました。